胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化やタバコを吸う事・アコール類・隠れ肥満等のライフスタイルの変化、ストレス等によって、ここ数年日本人に多いという疾患の一種です。

現在、若い世代で咳が続く結核(けっかく)の免疫を保持していない人々が増えたことや、早合点のために診断が遅れることなどが主因の集団・院内感染が増えていると言われています。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪が占有する歩合で、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって弾きだせます。

HIV、つまりエイズウイルスを保有している精液や血液、唾液、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口に接触する事で、HIV感染のリスクが大きくなってきます。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの制圧、色々な覚醒現象などを支配しており、大鬱病に罹患している方では動きが弱体化していることが判明しているのだ。
H17年から新しくトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のコピーの記載が義務となっている。